News

ニュース

“映える“写真の撮り方
就労準備型放課後等デイサービス トランジットジュニア

こんにちは。札幌就労準備型放課後等デイサービストランジットジュニア」です。
就労準備型放課後等デイサービストランジットジュニア」は、将来の就職に向けて、13〜18歳(中高生)の世代が必要な働き方・働くスキルを学べる場所です。

みなさん、‘‘映える‘‘写真を撮るためにどんな工夫をされていますか?

できればSNSにあげた時に「オシャレ~!」って思われるような写真を撮りたいですよね。

しかし、「オシャレな写真の撮り方ってイマイチよくわからない…」「そもそもオシャレってなんだよ!」と悩む方も多いでしょう

安心してください。今回はそんなあなたにおしゃれな写真の撮り方を解説しちゃいます(●’◡’●)

これを見たら、あなたもスーパーウルトラハイセンスインスタグラマーになれちゃいます。(?)

①構図を考えよう

あなたが撮る写真には必ず主役がいると思います。それは人だったり物だったり風景かもしれません

何でもいいのですが、とにかくその写真を見た人に‘‘何を伝えたいのか‘‘を明確にすることが大事だと思います

例えば、もっとも一般的な日の丸構図では
中心に見せたいものを持ってきつつ、余計な要素をぼかして撮るので、主役が何なのか一目で分かります。

綺麗なアジサイが主役の写真

主役が風景の場合は三分割法四分割法を活用するといいですね

これは画面を分割し、交わる点に被写体や背景の線を配置させることでスッキリと見せる構図です

三分割法
四分割法

(お使いのスマホカメラでもグリッド線が表示されるように設定できると思います)

とにかく「この写真は一体何を伝えたいんだろう…」と思われないように、まずはしっかりと主役を決めるのが大事です

そして主役を決めたら構図を考える。主役が引き立つ構図で写真を撮れたらきっといいねの数も増えることでしょう。

②光と影を操る

せっかく美味しそうな料理が目の前にあるのに上手く写真を撮ることができない

そんなことありませんか?

そういう時は「半逆光」Take a pictureしてみてください!!

半逆光とは被写体の斜め後ろから光が当たっている状態のことです。半逆光で撮ることで料理が立体的に見えて美味しく見えます🍳

こんな感じ。おいしそう…

やってはいけないのが順光で撮ること。

左のサラダは順光で撮られたものですが、どこにも光がないので、美味しくなさそうです

----------------------------------------

少し長くなってしまいましたが、いかがでしたか?

構図と光と影。「これが全てだ!」とは言いませんが、これらを意識することでかなり撮影テクニックがあがると思います✨

「ん~これを実践してもやっぱりイマイチなんだよなぁ」という方

ご安心下さい。上手く撮れなくても加工でなんとかできちゃう時代

次回は写真を美しく加工する技術を解説します!

お気軽にお問い合わせください

現在、札幌就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」では、将来の就職に向けて学びたい中高生の方やその保護者のみなさま、学校やクリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳療育手帳をお持ちでない方も、医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

就労準備型放課後等デイサービス
トランジットジュニア


〒001-0039
北海道札幌市北区北39条西5丁目1-1 K39ビル2階

TEL:011-299-2026 (平日・12:00〜21:00)
FAX:011-299-2026

E-mail:info[at]transit-jr.net
※[at]を@に書き換えてください

Related

関連記事

Contact

お問い合わせ

障害者手帳や療育手帳をお持ちでない方も、医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせで頂いた個人情報の取り扱いにつきましては、こちらをご覧ください。

Student-only SNS

学生専用SNS

トランジットジュニアの学生専用のSNSアカウントです。
SNSの使い方やルールを学んで、トラブルなく楽しくSNSを使っていけるようにトランジットジュニアがサポートしています。

Relation

関連事業所

「就労準備型放課後等デイサービス」以外にも、様々なカタチで障がいをお持ちの方の「働く」をサポートしています。

詳しくは、各事業所のホームページでご確認ください。