News

ニュース

トランジットジュニアでプログラミング学習しませんか?
就労準備型放課後等デイサービス トランジットジュニア

こんにちは。札幌就労準備型放課後等デイサービストランジットジュニア」です。
就労準備型放課後等デイサービストランジットジュニア」は、将来の就職に向けて、13〜18歳(中高生)の世代が必要な働き方・働くスキルを学べる場所です。

木曜日は、カリキュラム紹介Day!

トランジットジュニアで取り組むことができるカリキュラムを毎回ひとつご紹介します。
「カリキュラム一覧を見ても、よくわかんないなぁ」と思う方に向けて、わかりやすくお伝えします。

今回は、トランジットジュニアのカリキュラムで1番人気の高い『プログラミング』を紹介。

トランジットジュニアでは大人になったときに役立つ、プログラミング的思考(=論理的思考)を伸ばすことを目的として、プログラミングを取り入れています。

プログラミング的思考とは

「自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力」

(文部科学省『小学校プログラミング教育の手引(第三版) p.9』より)

プログラミングとは、コンピューターの言葉「プログラム言語」を使って、コンピューターに指示を出して思い通りに動かすことです。

主にWebサイトの作成、アプリやゲームの制作、ロボットの開発などでプログラミングが行われています。

小学校では2020年度から、中学校では2021年度からプログラミング教育が必修化され、
今やプログラミングは子供たちにとって、身近な存在になりつつあります。

子供向けにビジュアルプログラミング言語という、プログラミングを必要としない、図形(ブロック)を使ってプログラミングをできるソフトも登場しています。

おなじみのスクラッチ

トランジットジュニアでは、こういった初心者向けのプログラミング学習ソフトも取り入れながら
ゼロからプログラミングを始める子でも、安心して学ぶことができるようにサポートしています。


プログラミングを本格的に学びたいと思っている学生は
PaizaラーニングProgateなど中級者向けの学習ソフトも用意しています。

・自分でゲームを作ってみたい
・将来に向けて本格的にプログラミングを学びたい
・ホームページをつくってみたい

など、プログラミングを学びたい方はぜひトランジットジュニアで!!

見学・体験受付中!

コチラから

お気軽にお問い合わせください

就労準備型放課後等デイサービス
トランジットジュニア


〒001-0039
北海道札幌市北区北39条西5丁目1-1 K39ビル2階

TEL:011-299-2026(平日・12:00〜21:00)
FAX:011-299-2026
E-mail:info[at]transitjr-jr.net
※[at]を@に書き換えてください

Related

関連記事

Contact

お問い合わせ

障害者手帳や療育手帳をお持ちでない方も、医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせで頂いた個人情報の取り扱いにつきましては、こちらをご覧ください。

SNS

就労準備型放課後等デイサービス
トランジット
ジュニアのSNS

トランジットジュニア

トランジットジュニアlit

Relation

関連事業所

「就労準備型放課後等デイサービス」以外にも、様々なカタチで障がいをお持ちの方の「働く」をサポートしています。

詳しくは、各事業所のホームページでご確認ください。