News

ニュース

アルゴロジック

こんにちは。札幌就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」です。
就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」は、将来の就職に向けて、主に13〜18歳(中高生)の世代が必要な働き方・働くスキルを学べる場所です。

プログラミングを学ぶというと
とてつもなく分厚い参考書・・
あまりみたことのないような記号や文字などがたくさん登場・・
ネーミングを聞いただけで難しそう・・
そしてパソコンをある程度覚えている人が解ける問題なんでしょ?

というイメージを抱きがちではないでしょうか?

安心してください^^
実はプログラミングというのは我々の身近な生活になってきているんです。特に子供の頃からプログラミング教育を進めるべきという風潮が強まっている昨今は、ゲーム感覚で楽しく学べるサイトがたくさんあります!

2020年は小学校でも授業の必須科目になる予定だそうです。

今日はその中から「アルゴリズム」というプログラミングソフトをご紹介していきたいと思います!

NHKの番組ピタゴラスイッチという番組で「アルゴリズム体操」というのを耳にしたことがある方は多いかもしれません。
ですが、具体的にアルゴリズムとはなんなんでしょうか?

アルゴリズムとはブロックを組み合わせて、スタートからゴールまでキャラクターを移動させることで、プログラミングの基本となるアルゴリズムをゲーム感覚で習得できます。

プログラミングの入門として、小学校低学年からでも始めれます!

上の画像の右側をご覧ください。「→」「←」「↑」「↓」などコマンドブロックと言われるブロックがあります。それらを組み合わせてロボットを動かし、赤い旗にいかに効率よく到着できるかを考えプログラミングしていく、これがゲーム感覚でアルゴリズム(論理的思考)です。

最初は手でタイルを数えて何マス進むのか?などから始まりますが、なれていくと『2マス進んで右ブロックを置いて、さらに・・・」と頭の中に情景が浮かんでいきます。

この考え方がアルゴリズムと言われています。

仕事をするときには何事にも準備が大切です。

学校でも前もって準備することが大切と学んでいませんか?

「次の授業は数学だからコンパスを事前に準備しておこう!」
「次の授業は体育だから体育着に事前に着替えておかないと!」

と授業に必要なことは休憩時間に用意しますよね。

仕事も一緒です。次にやる業務が決まっていたら予測を立てます。

仕事のやり方を先輩に教わるので筆記用具とメモを用意しておかなきゃ!

この書類を午前中までに提出しなければならないから、あの書類も事前に印刷しておかないといけない!

などと、次の段階を予測する力が必要になります。

就職のみならず何事にも事前準備・下準備が必要なことをゲーム感覚でアルゴリズムを学べるのがトランジットジュニアならではの取組です!

2つの旗を行くためには!?

入門編から上級編まで様々な難易度のゲームが用意されていて、皆さん一人ひとりのレベルに合わせて楽しく進められるようになっています!

体験もできますので是非お待ちしております!

大画面で操作ができます!

お気軽にお問い合わせください

現在、札幌就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」では、将来の就職に向けて学びたい中高生の方やその保護者のみなさま、学校やクリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳療育手帳をお持ちでない方も、医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

就労準備型放課後等デイサービス
トランジットジュニア


〒001-0039
北海道札幌市北区北39条西5丁目1-1 K39ビル2階

TEL:011-299-2026 (平日・12:00〜21:00)
FAX:011-299-2026

E-mail:info[at]transit-jr.net
※[at]を@に書き換えてください

Contact

お問い合わせ

障害者手帳や療育手帳をお持ちでない方も、医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせでいただいた個人情報の取り扱いにつきましては、こちらをご覧ください。

Relation

関連事業所

「就労準備型放課後等デイサービス」以外にも、様々なカタチで障がいをお持ちの方の「働く」をサポートしています。

詳しくは、各事業所のホームページでご確認ください。