News

ニュース

2020年プログラミング教育必須化へ

こんにちは。札幌就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」です。
就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」は、将来の就職に向けて、主に13〜18歳(中高生)の世代が必要な働き方・働くスキルを学べる場所です。

2020年、プログラミング教育が小学校で必修化になると言うのはご存知ですか?

「プログラミング教育」と聞いて皆さんはどんなイメージがありますか?

保護者世代が子どもだった頃にはなかった授業ですし、「全員、IT企業に就職するってこと?」そんな風に思う方もいるかもしれません。

プログラミング教育が必修化するのは、

プログラミング的思考を養うため」。

ん?

ちょっとわかりにくいですよね。

どういうことか?

簡単にまとめると

順序立てて物事を考え
試行錯誤を自ら体験し
ものごとを解決する力

と言った考え方を子どものうちから学んで身につけていこう!
そして、技術を学ぶのも大事だけど、自分の頭で考える力、想像性を養うと言ったのが大きな目的だそうです。

実は私たちは意識をしていないだけで、日常生活のあらゆる場面で『プログラミング的思考』を使っています。

では、実際に私達は日常のどんな場面で、どのように『プログラミング的思考』を使っているのでしょうか。

一番わかりやすい例えは「料理」です。

例えば「ペペロンチーノ」を作るとします。

完成に至るまでにはいくつかの準備工程を考えなければなりません

  1. お鍋に水を入れ、湯を沸かし塩、パスタを入れ茹でます。
  2. パスタが茹で上がったら、パスタの茹で汁を50mlとります。
  3. 次に、キャベツ、ベーコンを食べやすい大きさに切り、にんにくは厚めにスライスします。
  4. フライパンにオリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れ弱火で炒めます。
  5. 次に、キャベツ、ベーコンを入れ中火で炒め、パスタの茹で汁、醤油を入れ炒め合わせます。
  6. 全体がしんなりしたら、茹でたパスタを入れ塩こしょうをして混ぜ合わせ出来上がりです。
  7. 最後にパセリをかけて完成です。
ペペロンチーノ

何気なく作っているペペロンチーノであっても、実は必要となる材料を準備し、かつ最適な手順を踏まなければ美味しいペペロンチーノは完成しません。

この、「完成に至るまでの過程を考え行動すること」こそが『プログラミング的思考』の基本であり必須化する理由とのことです。

料理だけに限らず、物事には「目的」と、目的にたどり着くまでの「過程」が存在します。

そのことを意識して行動できるかどうかは、社会を生き抜いていくうえで非常に重要なポイントとなります。

プログラミング的思考』で物事を考えていくことによって、「目的」と「過程」を明確にし無駄な作業を省くことができれば、当然効率のいい仕事ができますよね!

小学生・中学生から「働く」「就職する」を意識するにはもってこいの科目なのかもしれません。

トランジットジュニアでは楽しく、年齢問わず、皆が楽しく学べる環境があります。これからも生徒さんたちのプログラミングの様子を随時更新していきます!

お楽しみに!

お気軽にお問い合わせください

現在、札幌就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」では、将来の就職に向けて学びたい中高生の方やその保護者のみなさま、学校やクリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳療育手帳をお持ちでない方も、医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

就労準備型放課後等デイサービス
トランジットジュニア


〒001-0039
北海道札幌市北区北39条西5丁目1-1 K39ビル2階

TEL:011-299-2026 (平日・12:00〜21:00)
FAX:011-299-2026

E-mail:info[at]transit-jr.net
※[at]を@に書き換えてください

Contact

お問い合わせ

障害者手帳や療育手帳をお持ちでない方も、医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせでいただいた個人情報の取り扱いにつきましては、こちらをご覧ください。