News

ニュース

失敗、こわい?こわくない?
就労準備型放課後等デイサービス トランジットジュニア

こんにちは。札幌就労準備型放課後等デイサービストランジットジュニア」です。
就労準備型放課後等デイサービストランジットジュニア」は、将来の就職に向けて、13〜18歳(中高生)の世代が必要な働き方・働くスキルを学べる場所です。

毎週水曜日は、トランジットジュニアで実践している療育についてお話します。
今回は「失敗」について

こういう失敗ではありませんよ

失敗は、怖い。
できれば、失敗したくない。

それなりに人生を歩んできている大人は「失敗は成功のもと」「失敗から学ぶこともあるよ」と思うことも出来ますが、
子どもの時に失敗することのメリットを感じることは難しいですよね。
失敗して得られた経験よりも、「怒られた!」という嫌な体験ばかり残ってしまいがち。

ADHD傾向の強い子は、その衝動性や不注意性のためにミスも多く、怒られる経験も多いです。
度重なる叱責や、周りからのからかいの結果、自尊心や自己評価、自己肯定感が低くなり、
「出来ないならやりたくない」と過度に失敗を恐れ、新しいことをはじめたり、行動に移したりすることが難しくなる傾向があります。

でも、やらないってもったいない。

地味な調整作業を繰り返し失敗もたくさんある、それが3Dプリントです

せっかく経験できる機会があっても、もう二度とその経験が出来ないかもしれないのに、「やらない」と選択してしまうことは、もったいない。
社会に出ると、それまでに経験したことのない初めてのことがどんどんと押し寄せてきて、失敗してしまう。そんなことが、とってもたくさんあります。
そのたびに、自分の選択肢の幅を狭めていってしまうことは、とてももったいないですよね。

また、失敗をした後にどうしたらいいのかがわからない、といった側面もあります。
失敗=怒られる」という経験しか身に付かなった結果、
社会に出たら、失敗をしたら上司に報告したりその埋め合わせをしたり、とするべきところを、
「怒られる」ことばかりを考え「隠してしまい」「取り返しのつかない」ことになり、最悪の場合、立ち直ることが出来なくなってしまうことも。

トランジットジュニアでは、中高生のうちから、経験をたくさんして、その分失敗もたくさんしてもらっています。
学生が自ら自分で考えて行動したことを、スタッフは見守ります。(誰かを傷つけたり危険な選択はその限りではありませんが)
その結果がもし間違えたり失敗したりしたら「こうなったときには、こうしたらいいよ」「次はどうしたらいいのかな?」と一緒に考えていきます。

道にバナナの皮が落ちてたら避けたり、他の人のことを考えて拾って捨てたり。そういうこと。

自分の選択の結果失敗したら、初めは「自分が悪いんだ」「他の人に任せた方が良い」と考えてしまうかもしれません。
でも、失敗したらどうしたら良いのかを知っていくことで、
自分の選択の「何が悪かったのか」「どうしたら良かったのか」「次はこうしよう」と考える力が身に付いていきます。

「失敗しても大丈夫なんだ」「やってみて、出来なかったらまた考えよう」
失敗してもそれを乗り越えていく力を、一緒に身に着けていきましょう。

お気軽にお問い合わせください

就労準備型放課後等デイサービス
トランジットジュニア


〒001-0039
北海道札幌市北区北39条西5丁目1-1 K39ビル2階

TEL:011-299-2026(平日・12:00〜21:00)
FAX:011-299-2026
E-mail:info[at]transitjr-jr.net
※[at]を@に書き換えてください

Recommend

おすすめ

Contact

お問い合わせ

障害者手帳や療育手帳をお持ちでない方も、医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせで頂いた個人情報の取り扱いにつきましては、こちらをご覧ください。

SNS

就労準備型放課後等デイサービス
トランジット
ジュニアのSNS

トランジットジュニア

トランジットジュニアlit

Relation

関連事業所

「就労準備型放課後等デイサービス」以外にも、様々なカタチで障がいをお持ちの方の「働く」をサポートしています。

詳しくは、各事業所のホームページでご確認ください。