News

ニュース

STEM教育とは?
就労準備型放課後等デイサービス トランジットジュニア

こんにちは。札幌就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」です。
就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」は、将来の就職に向けて、主に13〜18歳(中高生)の世代が必要な働き方・働くスキルを学べる場所です。

「STEM教育」とは、「Science(サイエンス)」「Technology(テクロノジー)」「Engineering(エンジニアリング)」「Mathematics(マセマティックス)」のそれぞれの頭文字を取って、科学・技術・工学・数学の教育分野を総合的に表した言葉です。

現状ではSTEM教育の導入に後れをとっている日本ですが、今後AI技術の発展とともにSTEM教育も普及していくことが考えられます。
そのため、子供たちだけではなくご両親も含めて、今から準備をしておくことが大切だと感じます。

トランジットジュニアでも、STEMに沿って学べるカリキュラムや教材を用意しています。
ただし、問題点はツールがあってもどうやって学んでいってもらうかだと思います。そこで、誰でもご家庭で簡単に取り組めるSTEMの『M』を教えます!!

STEM教育ツールで子供と一緒に遊ぶ

数のセンスを鍛えるトランプを使った「足して10にするゲーム」

昔からもっとも身近なゲームが「トランプ」ではないでしょうか。トランプ遊びの中でも今回は、一般的なババ抜きをアレンジした「足して10にするゲーム」をご紹介します。

通常ババ抜きのゲームでは、同じ数字のカードを2枚ペアで捨てることができますが、このゲームでは足して10になる数字のペアで行います。ゲームをする際は、絵札と10を除いた1~9のカードで行い、最後までカードが残ってしまった人が負けです。

足し算の考え方だけでなく、1~9の数字が、それぞれどういった組み合わせで10になるかを理解させることができ、数字に対するセンスを磨くことができます。慣れてきたら「足して14」など数字を変えてみる、「掛け合わせて15以上」など掛け算や割り算にしてみる、といったアレンジも出来ます。

トランプがあれば、ぜひご家庭で取り組んでみてください!!

お気軽にお問い合わせください

現在、札幌就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」では、将来の就職に向けて学びたい中高生の方やその保護者のみなさま、学校やクリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳療育手帳をお持ちでない方も、医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

就労準備型放課後等デイサービス
トランジットジュニア


〒001-0039
北海道札幌市北区北39条西5丁目1-1 K39ビル2階

TEL:011-299-2026 (平日・12:00〜21:00)
FAX:011-299-2026

E-mail:info[at]transit-jr.net
※[at]を@に書き換えてください

Related

関連記事

Contact

お問い合わせ

障害者手帳や療育手帳をお持ちでない方も、医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせでいただいた個人情報の取り扱いにつきましては、こちらをご覧ください。

Relation

関連事業所

「就労準備型放課後等デイサービス」以外にも、様々なカタチで障がいをお持ちの方の「働く」をサポートしています。

詳しくは、各事業所のホームページでご確認ください。