News

ニュース

タイピングを極める男がいるんですよ
就労準備型放課後等デイサービス トランジットジュニア

こんにちは。札幌就労準備型放課後等デイサービストランジットジュニア」です。
就労準備型放課後等デイサービストランジットジュニア」は、将来の就職に向けて、13〜18歳(中高生)の世代が必要な働き方・働くスキルを学べる場所です。



4月から通所開始したKくんが、取り組んでいるタイピングソフト
マイタイピング

彼は、タイピング速度正確性を上げるために、キーボードを押す正しい指の位置を学んでいます。

こちらがマイタイピングの画面です。
10本の指キーボードの表示。
押す指とキーの色が、かわっていますね。

Wは左薬指で押してください
ということです。

これを繰り返し練習することで、正しい指の位置を覚えることが出来るのです。

合格基準があり、
速度と正確性をクリアできれば、「合格」の表示が出ます。
それを目指して、練習を続けるのです。

マイタイピングでは、

キーボードの上段・中断・下段、左手・右手、
更にはそれぞれの指の特訓もできます。

初心者オススメの、入力練習も豊富です。


あいうえお、かきくけこ…
と、ひたすら50音の入力速度を上げる練習。

これで、正しい位置をマスターすることができます。


入力を終えると、結果が表示されます。

さらに、
詳細の成績を見ることもできます。

「く」の入力のときに気持ちが焦り、「け」と入力してしまったのか。
と反省することも出来ます。

このソフトを繰り返し練習すると、上達間違いなしです。


ただ、
タイピングは意外と体力が削られます
体力…というか指力脳の疲労でしょうか。

なかなか長い時間続けることができません。
指が動きにくくなったり、出てくる文字を勘違いしてしまったり。
タイピングで蓄積した疲労は、如実に現れます

冒頭で紹介したKくんは、
そんな疲労に襲われながらも、懸命に練習を続けます。

彼を突き動かすのは、『合格できなかった悔しさ』。
不合格の表示が出ると、結果をじっと見つめた後に、再挑戦。

彼の突き詰める姿勢に、意志の強さを感じます

練習を続ける彼に「疲れてない?」と尋ねると、
彼のチャームポイントとも言えるふわっとした満面の笑みで、こう答えるのです。

「疲れてます」

疲れは、辛いものではないんですね。
Kくんの姿勢、勉強になります。

お気軽にお問い合わせください

現在、札幌就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」では、将来の就職に向けて学びたい中高生の方やその保護者のみなさま、学校やクリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳療育手帳をお持ちでない方も、医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

就労準備型放課後等デイサービス
トランジットジュニア


〒001-0039
北海道札幌市北区北39条西5丁目1-1 K39ビル2階

TEL:011-299-2026 (平日・12:00〜21:00)
FAX:011-299-2026

E-mail:info[at]transit-jr.net
※[at]を@に書き換えてください

Recommend

おすすめ

Contact

お問い合わせ

障害者手帳や療育手帳をお持ちでない方も、医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせで頂いた個人情報の取り扱いにつきましては、こちらをご覧ください。

Student-only SNS

学生専用SNS

トランジットジュニアの学生専用のSNSアカウントです。
SNSの使い方やルールを学んで、トラブルなく楽しくSNSを使っていけるようにトランジットジュニアがサポートしています。

Relation

関連事業所

「就労準備型放課後等デイサービス」以外にも、様々なカタチで障がいをお持ちの方の「働く」をサポートしています。

詳しくは、各事業所のホームページでご確認ください。