News

ニュース

TEACCH
就労準備型放課後等デイサービス トランジットジュニア

こんにちは。札幌就労準備型放課後等デイサービストランジットジュニア」です。
就労準備型放課後等デイサービストランジットジュニア」は、将来の就職に向けて、13〜18歳(中高生)の世代が必要な働き方・働くスキルを学べる場所です。

毎週、スタッフが気になった単語や制度を紹介しています。
今回は、TEACCHについてご紹介します。

TEACCHとは、自閉症等コミュニケーションに障害のある子供達やその家族への包括的対策プログラムのことです。1972年に、アメリカのノースカロライナ州で基盤ができました。

自閉症の特徴である「こだわり」「視覚で物をとらえる」「コミュニケーションの困難さ」を障害ではなく文化として捉え、自閉症の人々を世界観の捉え方が一般の人と異なる異文化の人々として接するという価値観から来ています。そして周囲が自閉症の特性を理解し、許容した上で社会に適応できるように支援していくという基本原理で成り立っています。

TEACCHにはコミュニケーションで重要視する7つがあります。
それは、要求(何が欲しい)、注意喚起(自分に関心を向ける)、拒否(拒絶や不安の表現)、説明(指差しや言葉での解説)、情報提供(相手の知らない情報を提供する)、情報請求(知りたいことを要求する)、その他の感情や共感の表現(気分の良しあし、挨拶などの日常的な動作)です。

これらをカード化して表現しやすいようにしたり、ジュースが欲しい時にコップを差し出すなど実用物を使用するといったコミュニケーションがとりやすい方法を用いたりします。

ほかにも、勉強する場所、休憩する場所のように場所ごとにこれから何が起こるかを予測させやすくすることで、不安を軽減させる方法もあります。

今回は、TEACCHという単語とその内容について紹介いたしました。
また次回、気になる単語や制度についてご紹介いたします。

お気軽にお問い合わせください

現在、札幌就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」では、将来の就職に向けて学びたい中高生の方やその保護者のみなさま、学校やクリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳療育手帳をお持ちでない方も、医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

就労準備型放課後等デイサービス
トランジットジュニア


〒001-0039
北海道札幌市北区北39条西5丁目1-1 K39ビル2階

TEL:011-299-2026 (平日・12:00〜21:00)
FAX:011-299-2026

E-mail:info[at]transit-jr.net
※[at]を@に書き換えてください

Recommend

おすすめ

Contact

お問い合わせ

障害者手帳や療育手帳をお持ちでない方も、医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせで頂いた個人情報の取り扱いにつきましては、こちらをご覧ください。

Student-only SNS

学生専用SNS

トランジットジュニアの学生専用のSNSアカウントです。
SNSの使い方やルールを学んで、トラブルなく楽しくSNSを使っていけるようにトランジットジュニアがサポートしています。

Relation

関連事業所

「就労準備型放課後等デイサービス」以外にも、様々なカタチで障がいをお持ちの方の「働く」をサポートしています。

詳しくは、各事業所のホームページでご確認ください。