News

ニュース

行動科学
就労準備型放課後等デイサービス トランジットジュニア

こんにちは。札幌就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」です。
就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」は、将来の就職に向けて、主に13〜18歳(中高生)の世代が必要な働き方・働くスキルを学べる場所です。

私は大学時代、心理学を専攻していたのですが、その中でも行動科学のゼミに属していたことがありました。

そのときの教授から、今でも忘れられない衝撃的な話を伺いました。

1964年、深夜のニューヨークで起こった殺人事件。
仕事終わりの女性がナイフで殺害されたという事件。
その事件そのものよりも大きな問題となったのが、その事件を目撃していた人が38人もいたのに、誰一人警察に通報しなかったという事実でした。

女性が最初に襲われてから殺害されるまでに30分以上の時間があり、即座に通報すれば助かった可能性が高かったのです。

「えっ…」と思いますよね。
20歳の私は、思ったんですよ、「誰も助けないなんて、そんなことある!?」って。


この事件を、心理学的に考察してみましょう。

これには『責任の拡散』という心理が潜んでいます。

最初は「助けよう!」と思っても、「どうしたらいいんだろう…」と悩んでいるうちに時間が経過し、その中で「自分以外の人が助けるかもしれない」「誰かがもう助けを呼んだかもしれない」など考えてしまって、行動に移せないことで起こります。

ショッピングセンターなどで片方の手袋とかハンカチとか落ちていても、そのままになっているの、見たことありませんか?

サービスカウンターに届けられずに、ぽつん、と落ちているそれらを、「あらまぁ…」「見て、片方だけ落ちてる」なんて話ながら通り過ぎる人たち。

それも、『責任の拡散』です。
「誰かがどうにかするだろう」「私のやることじゃない」とスルーしてしまいがちです。
(それが良いとか悪い、とかではないですよ。そういう心理が働くのです)

クレドの1番。

トランジットジュニアのクレドにも記してありますが、気付いたらすぐに行動が、この心理の対処法です。

すぐに行動するのって、最初は難しいんですよね。
ただ、意識して行動してみると、いつの間にか当たり前に出来るようになっていきます。

新年度を迎え、迷ったり考えたり悩んだりすることが増えると思います。

そんなとき、ちょっとだけ。
そういえば、なんか心理学であるらしいな、なんて思ったりして。
考える時間を短くして、行動に移してみてください。

お気軽にお問い合わせください

現在、札幌就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」では、将来の就職に向けて学びたい中高生の方やその保護者のみなさま、学校やクリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳療育手帳をお持ちでない方も、医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

就労準備型放課後等デイサービス
トランジットジュニア


〒001-0039
北海道札幌市北区北39条西5丁目1-1 K39ビル2階

TEL:011-299-2026 (平日・12:00〜21:00)
FAX:011-299-2026

E-mail:info[at]transit-jr.net
※[at]を@に書き換えてください

Recommend

おすすめ

Contact

お問い合わせ

障害者手帳や療育手帳をお持ちでない方も、医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせで頂いた個人情報の取り扱いにつきましては、こちらをご覧ください。

Student-only SNS

学生専用SNS

トランジットジュニアの学生専用のSNSアカウントです。
SNSの使い方やルールを学んで、トラブルなく楽しくSNSを使っていけるようにトランジットジュニアがサポートしています。

Relation

関連事業所

「就労準備型放課後等デイサービス」以外にも、様々なカタチで障がいをお持ちの方の「働く」をサポートしています。

詳しくは、各事業所のホームページでご確認ください。