News

ニュース

知らないことを知ると脳が活性化される
就労準備型放課後等デイサービス トランジットジュニア

こんにちは。札幌就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」です。
就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」は、将来の就職に向けて、主に13〜18歳(中高生)の世代が必要な働き方・働くスキルを学べる場所です。

突然ですが、サケ。お魚のサケ。

赤身魚でしょうか、白身魚でしょうか。
??? ??? ???

サケ。サーモン。おいしいよね。いい色だなぁ。



正解は、白身魚

サケが餌として食べた甲殻類の殻に含まれているアスタキサンチンが赤っぽく見せているらしい。
本来は白っぽい身なんだって。

知ってました?

トランジットジュニアに通う読書家の学生が教えてくれました。
知らなかった~。赤身だと思ってたなぁ。

勇ましいクマ♡ 口にはサケ。お見事。

知らないことを知るって、おもしろいですよね。

脳は、知っていることを相手にするとき、省エネモードになっていることが多いそうです。
省エネモードにしないと、脳がオーバーヒートしてしまうから。

そんな脳、新しいことに触れると、脳内の色々なところが活性化して、情報をインプットしていくのです。

たとえば、今日のサケのお話。
サケは白身という情報を言葉で教えてもらって聴覚からインプット。さらにウィキペディアのページで説明も見たから視覚的にもインプット。

そういえば、サケってマグロとかみたいに血の味がしないなぁとか、食べたときの感覚を思い出したり。
サケ意外と顔イカツいよなとか、サケくわえた木彫りのクマがおばあちゃんの家にあったな、とか記憶をよみがえらせたり。

こうしてニュース記事として言語化して伝えたり。

脳内の色々な感覚を司る分野を活性化させているわけなのです。

おもしろいなぁ。


AI時代に突入するなかでの、人間の強み。
それは視覚や聴覚、味覚、触覚などの感覚的な部分なんでしょうね。

頭の良さは、AIがカバーしてくれます。
でも、感覚とりわけセンスは、人間だからこそ。

トランジットジュニアの学生たちは、センスある大人に育ってほしいなぁ。

お気軽にお問い合わせください

現在、札幌就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」では、将来の就職に向けて学びたい中高生の方やその保護者のみなさま、学校やクリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳療育手帳をお持ちでない方も、医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

就労準備型放課後等デイサービス
トランジットジュニア


〒001-0039
北海道札幌市北区北39条西5丁目1-1 K39ビル2階

TEL:011-299-2026 (平日・12:00〜21:00)
FAX:011-299-2026

E-mail:info[at]transit-jr.net
※[at]を@に書き換えてください

Recommend

おすすめ

Contact

お問い合わせ

障害者手帳や療育手帳をお持ちでない方も、医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせで頂いた個人情報の取り扱いにつきましては、こちらをご覧ください。

Student-only SNS

学生専用SNS

トランジットジュニアの学生専用のSNSアカウントです。
SNSの使い方やルールを学んで、トラブルなく楽しくSNSを使っていけるようにトランジットジュニアがサポートしています。

Relation

関連事業所

「就労準備型放課後等デイサービス」以外にも、様々なカタチで障がいをお持ちの方の「働く」をサポートしています。

詳しくは、各事業所のホームページでご確認ください。