News

ニュース

ネガティブ思考は、悪いことではない
就労準備型放課後等デイサービス トランジットジュニア

こんにちは。札幌就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」です。
就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」は、将来の就職に向けて、主に13〜18歳(中高生)の世代が必要な働き方・働くスキルを学べる場所です。

今日は、脳のお話をします。

トランジットジュニアのニュースを、よーく読んでくれている方には、「また出たぞ、脳科学が好きなスタッフだ」と思われていそうですね(笑)

さて、下のふたつの図形を見てください。

あなたは、どこに目がいきましたか?

右側の、円が欠けている部分に、目がいきませんでしたか?
ほとんどの方は、この欠けている部分に目がいったのではないでしょうか。

これは、脳の仕組みが影響しているのです。

その昔、生物が生き残る為に『危険から身を守ること』は必要不可欠でした。
外敵から身を守る為に、「これは危険じゃないだろうか」「攻撃する?逃げる?」と考えてきました。

脳には、そんな防衛センサーが、初期設定としてあるのです。

脳の初期設定として、危険(=ネガティブなもの)を察知するセンサーが備わっているのですから、ネガティブ思考は悪いことではないのです。

自分の弱い部分を知り、自分の身を守ろうとセンサーが発動しているので、ネガティブ思考は、脳が正常に機能しているから起きる、とも言えるらしいのです。

だからこそ、「ネガティブ思考はダメだ!」「この考えを止めないと!」と思うとドツボにハマり、「いつまでも変われない自分は…」と否定の連続になってしまうのです。

いいんですよ、ネガティブ思考でも。

ただ、ネガティブ思考だけどんどん増えていくと、ものすごく疲れますよね。
常にセンサー振り切ってますもんね。疲れるし、生活がしにくい。

楽に生活するには『ごきげんでいる』ことが大切なのです。

自分が不機嫌なときと、機嫌が良いときを比べると、機嫌が良いときの方がいいアイディアが浮かんだりしますよね。

機嫌が良いときの方が視野が広く、危険センサーを論破できるようなアイディアが浮かんだりします。

ごきげん』への近道は、自分の『強みをみつける』ことや『楽しいと思えることを知る』ことから始まります。

トランジットジュニアでは、その『強みをみつける』ことや、『楽しいと思えることを知る』ことが出来るよう、サポートをしています。

ネガティブになりすぎないバランス感覚を、トランジットジュニアで身につけられるといいですね。

お気軽にお問い合わせください

現在、札幌就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」では、将来の就職に向けて学びたい中高生の方やその保護者のみなさま、学校やクリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳療育手帳をお持ちでない方も、医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

就労準備型放課後等デイサービス
トランジットジュニア


〒001-0039
北海道札幌市北区北39条西5丁目1-1 K39ビル2階

TEL:011-299-2026 (平日・12:00〜21:00)
FAX:011-299-2026

E-mail:info[at]transit-jr.net
※[at]を@に書き換えてください

Recommend

おすすめ

Contact

お問い合わせ

障害者手帳や療育手帳をお持ちでない方も、医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせで頂いた個人情報の取り扱いにつきましては、こちらをご覧ください。

Student-only SNS

学生専用SNS

トランジットジュニアの学生専用のSNSアカウントです。
SNSの使い方やルールを学んで、トラブルなく楽しくSNSを使っていけるようにトランジットジュニアがサポートしています。

Relation

関連事業所

「就労準備型放課後等デイサービス」以外にも、様々なカタチで障がいをお持ちの方の「働く」をサポートしています。

詳しくは、各事業所のホームページでご確認ください。