News

ニュース

しぶい
就労準備型放課後等デイサービス トランジットジュニア

こんにちは。札幌就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」です。
就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」は、将来の就職に向けて、主に13〜18歳(中高生)の世代が必要な働き方・働くスキルを学べる場所です。

厚生労働省が管轄している『放課後等デイサービス』は、児童福祉法に則った社会福祉施設です。

社会福祉施設は医療施設と同じように、 現在発令されている緊急事態宣言の期間中に、休業を行わない施設となっています。

その為トランジットジュニアも、変わらず営業を続けています。

目には見えないウイルス。日々、不安を抱え生活している人もいると思うと、心配になります。不安を抱きながら、溢れかえる情報をキャッチして生活することは、負担が大きいからです。

「ミスして怒られたらどうしよう」「失敗して恥ずかしい思いをしたらどうしよう」
と考えながら何かをして、上手くいかなかったり、自分の力を発揮できなかった経験はありませんか?

人は、不安な気持ちを抱きながら何かをすると、普段なら簡単にできることも、上手く出来ないことが多いです。

いま、「怖い」「よくわからない」「不安」などモヤモヤした気持ちのまま情報を得ると、更に不安が増大したり、正しくない情報に惑わされる可能性が増えてしまいます。

また自粛期間中に何日も、何週間も、家に居て、イライラ・モヤモヤ・嫌な気持ちが蓄積してしまうと、抑うつ状態になったり、外出すること自体が怖くなって、本当に必要な外出さえ出来なくなる可能性もあります。

トランジットジュニアは、そんな不安に寄り添い、休校期間が明けてから、楽しく外出できるよう支援を続けています。

今日、ある中学生に「休校中、家でどうしてるの?」と尋ねました。
その子は、「本読んでるかなぁ」と。ほとんどの時間を、本を読んで過ごしているらしいです。

TJにもたくさんの本がありますよ!

本を読むことは、情報を得たり、語彙力を高めたり、表現方法を知ったり、本の世界にトリップできたり、心が動いたり。様々なことを得る機会になります。

その中学生のオススメ本は、京極夏彦の『魍魎の匣』だそうです。知っていますか?そもそも漢字読めますか?
読み方を検索するところから始まりそうですよね。

今後もオススメ本を教えてくれるそうです。
それにしても、京極夏彦は、しぶいチョイス。


お気軽にお問い合わせください

現在、札幌就労準備型放課後等デイサービス「トランジットジュニア」では、将来の就職に向けて学びたい中高生の方やその保護者のみなさま、学校やクリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳療育手帳をお持ちでない方も、医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

就労準備型放課後等デイサービス
トランジットジュニア


〒001-0039
北海道札幌市北区北39条西5丁目1-1 K39ビル2階

TEL:011-299-2026 (平日・12:00〜21:00)
FAX:011-299-2026

E-mail:info[at]transit-jr.net
※[at]を@に書き換えてください

Related

関連記事

Contact

お問い合わせ

障害者手帳や療育手帳をお持ちでない方も、医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせでいただいた個人情報の取り扱いにつきましては、こちらをご覧ください。

Relation

関連事業所

「就労準備型放課後等デイサービス」以外にも、様々なカタチで障がいをお持ちの方の「働く」をサポートしています。

詳しくは、各事業所のホームページでご確認ください。